最近からIT業界について興味が出始めて、いろいろ調べ始めました。

システムエンジニアが転職活動を行う時には、自分のスキルを分析することが大切だそうです。
これまでの経験をもとに、自分が得意とする分野、技術をまとめ、今までに関連したプロジェクトや取得した資格を時系列にすると良いとか。
この作業は後々、履歴書や職務経歴書を書くときに役に立ち、面接時にも役に立つようですね。

一般的な転職活動は、インターネットの求人サイトでの検索です。(これは私もよく使います)
検索条件に自分が希望する雇用条件を入力し、ヒットした案件が自分のスキルと合致すれば応募します。
求人サイトの良い点は、条件を入力すれば複数の企業が一気に検索出来て、それを自分が吟味できる点です。

自分が転職したい会社が決まっている場合は、その企業のホームページの求人に直接申し込む方法もあります。
派遣会社に登録をして、派遣会社に派遣先を見つけてもらう方法もあります。
こちらの良い点は、自分で行う手間が少なく働き口が見つかる点です。
持っているスキルに自身がない方でも派遣先が見つかりやすいのも、派遣会社に登録するメリットです。派遣先でスキルを磨くのも1つの選択です。

どの方法で転職活動を行うにしても、応募の際に今までの職務経験を記載する必要があります。ここで事前に分析したスキルをここでアピール出来なければ、面接に進むことが出来ません。企業の採用担当者は、転職者には即戦力を求めているのです。
システムエンジニアの方は自分をアピールするのが下手な方が多く、素晴らしい技術を持っていても宝の持ち腐れになってしまいます。

せっかく手に職(システムエンジニアであれば業界スキル)を身につけた方々なので、自分にチャレンジするもよし、年収アップのためにもっと良い環境に転職するもよし、素敵なビジネスライフを送っていただきたいものです。
気付けばエンジニアさんのファンになりつつある私。システムエンジニアさんのためになれば・・と転職サイトを調べてみました。
少しでもお力になれることを祈りつつ、参考資料はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です